個人事業主・フリーランスさんに朗報!もう社保(厚生年金)に加入できます。
無料試算はこちら

夫が癌|医療費の備えともらえるお金

夫が癌|年金制度ともらえるお金の話

夫が「がんで休職」したら即もらうべきお金の話。

ガンの発症率が年々上がっており不安な方も多いのではないでしょうか。

今回は、社保(厚生年金・健康保険)加入者の手厚さの一部を紹介します。

公的制度を活用しよう

医療技術の進歩により、がんの治癒率が向上する一方で
がん患者の就労が問題になってきてます。

治療が長引いたときに、医療費の備えとともに
考えておきたいのが、休職や退職による
収入減少への対処方法ですね。

公的制度を活用すれば、健康保険の高額療養費制度や
傷病手当金のほか、介護保険、障害年金なども利用できれば
実質的な支出を抑えられ、減収分を多少はカバーできます。

いずれも申請が必要ですので、どんな制度が使えるのかを
勤務先の総務課、病院のソーシャルワーカーなどに相談をしましょう。

それでも足りない場合は、早めに家計支出を
見直しましょう。

万一に備えることが大事

返済義務のない給付型の奨学金
授業料減免制度などを利用できます。

住宅ローンは、返済が滞る前に借入先の
金融機関に返済期間の延長や毎月返済額の
減額などを相談してみましょう。

金利は通常より0.3%程度高くなりますが
がんなど三大疾病で返済が免除される
タイプの住宅ローンもあります。

銀行ががん保障の保険料を負担する
商品もあったりします。

万一に備えるなら、借入時に検討してみましょう。

ただ、上記はあくまで社保加入の方が
受けれる恩恵でして、国保の方には
傷病手当金等の制度はありませんし
障害年金は2級からしか支給されませんし
金額も少ないです。

ならば、「社保加入したい!」と思いますよね。

国保の方ももう社保に加入出来ます。

無料試算はこちらから

たった3つの情報ですぐに試算できます。

個人事業主の方は厚生年金に加入出来ない
と思いこんでる方が多いですが
国保の方ももう社保に加入出来ます。

当社は弁護士と会計士と仕組作りました。

しかも・・
今の国保負担額より安く加入出来るかもしれません。

無料試算依頼フォームへ

ブログランキングに参加していますので是非、応援してください(^-^)

にほんブログ村 経営ブログへ

コメント