個人事業主・フリーランスさんに朗報!もう社保(厚生年金)に加入できます。
無料試算はこちら

個人事業主さん法人成りはちょっと待った!|法人成りのメリットデメリット

「なぜ、法人成りしたがるのでしょう??」

当社には毎日数多くのご相談が来ます。

最近は、法人成り(個人事業主が法人化する事)を検討したいと言う方が多いです。

安易な法人成りは危険ですよ!!

今回は、先日、ご相談にいらっしゃった治療院さんの為に書きます。

法人成りのデメリット

●設立に資本算入できない登録費用等の出費がある。

●税理士又は公認会計士が必要で、毎月2万、決算月20万
 年間約48万位はかかる。
 決算書の量は半端ないです。
 個人で作れるレベルではありません。

●赤字でも法人住民税7万は支払わなければいけない。

●黒字3年続けると直ぐに税務調査。

●法人が故の色々な制約や必要書類が必要に。

●経費はそんなに使えない。
 強いて言えば、出張旅費規程作って少しでも手元に入れるくらい。

●社会保険料はかなり負担増。
 仮に月30万の役員報酬で年間110万円が会社の口座から失われます。

●事業所得が900万未満なら税率が安い(23%)
 900万以上は33%

●売上1,000万又は資本金1,000万未満なら
 消費税が2年免除・・・
 でも2年後は重い社会保険料に苦しみますよ。
 なのでデメリットかな。

●法人を止める時の手続きが大変。
 また、株の相続も大変です。

法人成りのメリット

●助成金申請出来る・・・
 ただし、雇用保険に入ってる社員がいればですが。

●大手企業と取引があれば必須。
 デイサービス経営にはほぼ必須な事も。

●融資を受けやすい・・・内容が問題にはなりますが。

●「社長!」と呼んで貰える・・・(笑)

これを加味してどうでしょう?

安易な法人化には注意!!

個人的には、法人成りのするのならば事業所得が900万を
2年連続で超えない限り止めた方が良いです。

最近、税理士の食い扶持が減り、事業所得が400万位でも
法人成りのを勧める悪徳税理士が増えてます。

彼らは、比較的簡単な皆さんの経理内容を知っており
ラクして年間48万近く取れるからです。

殆どの税理士は国の味方であり
皆様の味方では残念ながらありません。

ご注意くださいね。

また、「消費税を払いたくない」や
雇用の為に「社保完備」したい方。

法人成り後の厚生年金・健康保険料は半端なく
運転資金を圧迫しますよ。

誰の為に?何の為に?

治療院に「合同会社」や「株式会社」が
本当に本当に必要ですか?

周りに流されてませんか?

かなりの人が安易に法人成りして後悔してます。

良く考えましょう!

また、どなたでもいつでもご相談下さい。

数字をベースに明確にお答えいたしますので。

無駄な支出を抑えて、良い経営をしましょう!

国保の方ももう社保に加入出来ます。

無料試算はこちらから

たった3つの情報ですぐに試算できます。

個人事業主の方は厚生年金に加入出来ない
と思いこんでる方が多いですが
国保の方ももう社保に加入出来ます。

当社は弁護士と会計士と仕組作りました。

しかも・・
今の国保負担額より安く加入出来るかもしれません。

無料試算依頼フォームへ

加入者の声はこちら

個人事業主・フリーランス向け!おすすめ情報

フリーランスのお金と保険

フリーランスの求人と案件

フリーランスコンサルタント

フリーランスアイテム

フリーランス学びの場

法人成り
スポンサーリンク
フォローする
個人事業主・フリーランスの社会保険(厚生年金)加入の話

コメント