個人事業主・フリーランスさんに朗報!もう社保(厚生年金)に加入できます。
無料試算はこちら

扶養外れる損得とは?103万130万の壁を知って上手に働くコツ

扶養外れる損得とは?103万130万の壁を知って上手に働くコツ

「扶養枠内で働く?」それとも「がっつり働く?」 

「年収が150万円前後」なら、扶養枠内がオススメです。

結婚されている奥様であれば一度は、扶養枠内で働いた方が良いのか?
社会保険に加入してフルタイム勤務で働いた方が良いのか?

悩んだ事があるのではないかと思います。

今日は、奥様の働き方について見ていきます。
一番お得な働き方を上手に選択しましょう!

配偶者控除について

扶養枠内で働くと言っても、よく分からない方も多いのでは?

一概に扶養枠内といっても「所得税の扶養」
社会保険の扶養があります。

所得税の扶養は、配偶者の方であれば配偶者控除と
言われる扶養枠になります。

103万円の壁が所得税法の扶養枠で
130万円の壁が社会保険の扶養の枠でした。

今現在は「103万円の壁」の配偶者控除枠が
2018年に税制改正があり、配偶者控除の枠が
150万円まで引き上げられました。

そこから201万円まで配偶者特別控除枠があり
所得に応じで控除額が段階的に少なくなってきます。

130万円の壁に要注意

配偶者控除枠が150万円に引き上げられたから
もっと仕事の量を増やしてギリギリまで
働けるようになったと安易に働きやすいですが要注意です。

社会保険の扶養枠の130万円
厳密にいうと月10万8,000円を超えると
入れなくなってしまいます。

そうなると自分で
「国民健康保険料と国民年金」
を支払わなくてはなりません。

更に、旦那さんの扶養から外れてしまう事で
旦那さんの所得税・住民税が増税されます。

会社によっては扶養手当が出ている所もありますので
旦那さんの職場から扶養手当の返金を求めてくる
ケースもありますので要注意です。

国民健康保険料と国民年金の支払い額

健康保険料は収入によって金額が変わってきますが
仮に年収120万円の方であれば
自治体によっても違いますが

・40歳以上、介護保険料も含む場合で約9,000円程

・40歳未満、介護保険料含まない場合で約7,500円程

・国民年金が1万6,410円

合計約2万5,000円程

毎月支払わなくてはいけないことになります。

働き損に注意

仮に月12万円から13万円の収入のある方は
年収が150万円前後。

社会保険料を自身で払うと年間約30万円で
手取りが120万円。

ここら辺の収入を得ている方は要注意で
働き損になります。

どちらが良いのかは、各ご家庭の状況で変わってきますが
一般的に年収が150万円前後のゾーンで働いている方で
自身で社会保険料を支払っている場合は
月収を10万8,000円以内に抑えて扶養枠内で働いた方が
働き損にならずに済みます。

更に旦那さんの扶養に入る事で
旦那さんの所得税と翌年度の住民税も減税されます。

税制改正される前は「103万円の壁」があったので
所得税の扶養枠と、社会保険の扶養枠のどちらにも入る場合は
月収にすると約8万5,000円までしか働けませんでしたが
現在の配偶者控除枠は150万円に増額されましたので
社会保険の扶養枠に収まるようにして働けるようになりました。

単純計算すると月々の手取り金額を約2万円程増やせます。

お子様ががまだ小さくて保育園に預かってもらって
働いている場合は、前年度の住民税の金額で
保育料が段階的に決まっています。

世帯所得が多いほど保育料も高くなります。

その兼ね合いも含めてがっつり働くか
扶養枠内で働くかの判断材料になると思います。

奥様の収入が200万円以上ある正社員や
フルタイムで働いている環境の方は
ご主人と奥様それぞれに社会保険料と税金は課税されますが
扶養枠内で働くより格段に世帯収入は多くなります。

良く考えて検討しましょう。

国保の方ももう社保に加入出来ます。

無料試算はこちらから

たった3つの情報ですぐに試算できます。

個人事業主の方は厚生年金に加入出来ない
と思いこんでる方が多いですが
国保の方ももう社保に加入出来ます。

当社は弁護士と会計士と仕組作りました。

しかも・・
今の国保負担額より安く加入出来るかもしれません。

無料試算依頼フォームへ

加入者の声はこちら

個人事業主・フリーランス向け!おすすめ情報

フリーランスのお金と保険

フリーランスの求人と案件

フリーランスコンサルタント

フリーランスアイテム

フリーランス学びの場

扶養
スポンサーリンク
フォローする
個人事業主・フリーランスの社会保険(厚生年金)加入の話

コメント