個人事業主・フリーランスさんに朗報!もう社保(厚生年金)に加入できます。
無料試算はこちら

iDeCo(イデコ)の節税と年金資産シュミレーション

iDeCo(イデコ)の年金資産シュミレーション

まだ、2,000万問題が続いており、政府はiDeCo等へ貯金を出させたい思惑が
見え見えなので、逆に受給時にどうメリットを出せるか考えたいと思います。

iDeCo(イデコ)は掛金の拠出時だけでなく
受給時にも節税メリットを受けることができます。

ただし、年金で受け取るか、一時金で受け取るかの
受給方法によって税金の取扱いが変わってきます。

場合によっては課税されることがあるので注意が必要です。

iDeCoの年金資産の受給方法は3パターン

iDeCoの年金資産は、加入していた期間(通算加入者等期間)
が10年以上ある場合、原則として60歳から
老齢給付金として受け取れます。

(10年に満たない場合は受給可能な年齢が繰り下がります)

受給方法には以下の3つのパターンがあり
加入者は好きな方法を選択できます。

パターン1:年金として分割で受け取る

受給権が得られる年齢(原則60歳)に達したら
有期年金(5年以上20年以下の期間)として
運営管理機関が定める方法で
給付金を受け取ることができます。

年金として受け取る場合は「雑所得」として
所得税の課税対象になります。

パターン2:一時金として一括で受け取る

受給権が得られる年齢(原則60歳)に達してから
70歳になるまでの間に一時金として
給付金を一括で受け取ることができます。

一時金として受け取る場合は「退職所得」として
所得税の課税対象になります。

パターン3:年金と一時金を組み合わせて受け取る

運営管理機関によるが受給権が得られる年齢(原則60歳)に
達した時点で,一部の年金資産を一時金で受け取り
残りの年金資産を年金で受け取るといった
年金と一時金を組み合わせた受け取り方法もあります。

iDeCo(イデコ)を年金で受け取る場合は
「公的年金等控除」の対象になります。

iDeCoの受給額や税金の計画について

iDeCoの税金

上記にある「パターン1」のように、給付金を年金で受け取る場合は
雑所得として所得税の対象となり
「公的年金等控除」の適用を受けられます。

65歳未満の場合、公的年金等の収入金額の合計額が
70万円までであれば所得金額はゼロとなり税金がかかりません。

さらに、65歳以上の場合は、公的年金等の
収入金額の合計額が120万円までであれば
税金がかからない計算になります。

iDeCoを年金で受け取る際の注意点

iDeCoを年金で受け取る際は、他の年金制度との
併用に気を付ける必要がありますね。

例えば、65歳になり老齢基礎年金、老齢厚生年金の受給が
開始されたとする。

その時に、iDeCoの給付金も年金で受け取っていたとすると
「老齢基礎年金、老齢厚生年金の受給額+iDeCoの年金受給額」
が公的年金等の収入金額となり
税金がかかってしまうケースが十分に考えられます。

もし、所得税を気にするのであれば
iDeCoの受給金額にもよるが
iDeCoの年金を60歳から64歳の間に受け取り
老齢基礎年金や老齢厚生年金の繰り下げ
受給を利用するのも一つの手ですね。

iDeCoの退職所得控除の適用

「パターン2」のように給付金を一時金で受け取る場合は
退職所得として所得税の対象となり
「退職所得控除」の適用を受けられます。

iDeCoの退職所得控除は、掛金を拠出した期間
に応じて変わります。

拠出期間が20年未満の場合
「40万円×拠出期間」
で算出した金額が退職所得控除になります。

拠出期間が20年以上の場合
「800万円+70万円×(拠出期間-20年)」
で算出した金額が退職所得控除になります。

例えば、iDeCoに25年間拠出していた場合
「800万円+70万円×(25年-20年)=1,150万円」
までの一時金であれば税金がかからない計算となりますね。

iDeCoを一時金で受け取る際の注意点

iDeCoを一時金で受け取る際に注意したいのが
会社の退職金と同じ年にiDeCoの一時金を受け取るケース。

会社の退職金とiDeCoの一時金の両方を
合算した金額が退職所得として計算されます。

会社の勤続年数やiDeCoの拠出期間によっても異なるが
合算した退職所得が退職所得控除を上回ってしまうと
課税の対象となる可能性があります。

あらかじめ、会社の退職金とiDeCoの一時金を
同年に受け取る場合の合計金額や
退職所得控除を計算し、課税されてしまう可能性が
あるのならば、退職金もしくは
iDeCoの一時金を受け取る時期をずらしたほうがいいでしょう。

もしくは、受給方法「パターン3」の一時金と年金を
組み合わせて受け取る方法にして金額を調整すれば
税金を抑えられる可能性があります。

老後資金は計画的に!

iDeCoの給付時期が近づいてきたら
退職金や公的年金の金額はいくらか?
いつ頃から受け取るのかを把握し
自身の今後のライフプランと合わせて
受給額や税金の計画を立てておくといいですね。

また、国保の方は社保に加入する事で
iDeCo等に余計な支出をせずとも
老後資金を増やす事も可能です。

国保の方ももう社保に加入出来ます。

無料試算はこちらから

たった3つの情報ですぐに試算できます。

個人事業主の方は厚生年金に加入出来ない
と思いこんでる方が多いですが
国保の方ももう社保に加入出来ます。

当社は弁護士と会計士と仕組作りました。

しかも・・
今の国保負担額より安く加入出来るかもしれません。

無料試算依頼フォームへ

ブログランキングに参加していますので是非、応援してください(^-^)

にほんブログ村 経営ブログへ

コメント