個人事業主・フリーランスさんに朗報!もう社保(厚生年金)に加入できます。
無料試算はこちら

個人事業主・フリーランスも社会保険に加入できます

個人事業主・フリーランスも社会保険に加入できます

『個人事業主・フリーランスの皆様へ』

当社が考案した「個人事業主・フリーランスでも社保加入できる」仕組み。

なぜ、加入者が増えているのか?

メリットは?デメリットは?

などなど、書いてみます。
是非、最後までお読みください。

社保加入のメリット

①社会保障費用が下がる

  • 奥様扶養/事業所得200万以上
  • 独身(奥様非扶養も同じ)
  • 事業所得400万以上

 の方は、必ず世帯全体での
 国民年金・国民健康保険料より
 安く厚生年金・健康保険に加入出来ます。

②売上が増えても社会保障費用は変らない

 本来売上が増え、事業所得や扶養が
 増加すると国民健康保険料も上がります。
 特に、若い世代の方は使いもしない
 国民健康保険に高額な負担を強いられてます。

③手厚い社保に加入できる

 個人事業主・フリーランスさんは
 本来、加入したくても社保に加入出来ません。

 社保の手厚さは国保の比ではなく

  • 遺族年金は手厚い
  • 障害年金3級から支給
  • 傷病手当金制度
  • 加給年金
  • 労災
  • 失業給付

 これだけあるんです。
 国保には遺族年金、障害年金以外ありません。

④節税効果がある

 当社アプリをしっかり使用していれば
 経費計上出来ます。
 その分、事業所得が減り
 個人事業税が対象から外れる方も多いです。

⑤社会保障費用振込作業なくなる

 意外と地味に面倒な振込作業。
 金融機関に行かないとダメですし
 忙しい時に時間を取られてしまいます。
 この作業から一切解放されます。

⑥奥様専従者にすれば

 年間96万の専従者給与ならば
 所得税、住民税の対象から外れ
 家庭内手取り額が増えます。

これだけメリットがあります。
ただ、デメリットもありました。

社保加入のデメリット

①国民年金基金は継続出来ない

 加入されてる方は多いと思いますが
 会社員になったら使えません。
 ただ、払込み済みのは60歳から
 受給出来ますが、増額で節税は出来ません。

②小規模共済

 ①と基本は同じなのですが
 相談したら意外と継続出来たりします。

③入力作業が増える

 当社の仕組みはアプリを使いますので

 入力作業が必要になってきます。

 作業と言っても一回3分もあれば誰でも簡単にできます。

加入検討されてる方からよく聞かれる事

①違法じゃないの?詐欺?

 違法なら保険証は届きません。
 しかも、詐欺ならとっくに訴えられてます。
 また、顧問弁護士・会計士と作りました。
 労務管理は会計事務所がしています。

 今までにない仕組みなので怪しいと思われる・・・

 こればっかりは仕方がない事かなぁ~と思っています。

②どこで利益あるの?御社にメリットは?

 手数料だけです。
 メリットを上げるとすれば・・・

 不公平な仕組みで頑張ってる方を救う事が楽しいことですね。

これでもまだあなたは国保でいますか?

家族を守りたいと思いませんか?

個人事業主・フリーランスの方には
社保に当たり前にある「保障」がありません。

国保の方ももう社保に加入出来ます!!

無料試算はこちらから

たった3つの情報ですぐに試算できます。

個人事業主の方は厚生年金に加入出来ない
と思いこんでる方が多いですが
国保の方ももう社保に加入出来ます。

当社は弁護士と会計士と仕組作りました。

しかも・・
今の国保負担額より安く加入出来るかもしれません。

無料試算依頼フォームへ

社保加入
スポンサーリンク
フォローする
個人事業主・フリーランスの社会保険(厚生年金)加入の話

コメント