個人事業主・フリーランスさんに朗報!もう社保(厚生年金)に加入できます。
無料試算はこちら

国民年金未納どうなる~それでもあなたは払わない?~

国民年金未納~それでもあなたは払わない?~

連日、年金に関する問題が報道されてますが、そもそも払わなかったら?
どうなるのでしょう?

会社員は、給料から引かれる厚生年金保険料とともに「国民年金」を自動的に払っています。

しかし、転職のタイミングや個人事業主として働いている場合(第1号被保険者)は自分で納めないといけません。

・ついうっかり、年金を未納にしてしまった方
・経済的に苦しくて未納にしてしまった方

という人もいるのではないでしょうか。

国民年金未納で起こる事

もらえる年金は少なくなる

平成29年度末、公的年金加入者は6,731万人のうち
年金保険料を24ヵ月以上払っていない未納者は157万人でした。

未加入者9万人を加えると166万人にものぼります。

公的年金は世代間扶養で、納付された年金保険料と
国庫負担で成り立っています。

国庫負担とは税金による負担のこと。

年金保険料の負担が重くならないように配慮されていて
現在、国庫負担の割合は2分の1です。

国民年金の未納率が高まると税金の負担が重くなり
結果的には国民生活全体に
しわ寄せが起こる可能性があります。

年をとったときに受け取れる老齢基礎年金は
保険料納付済期間と保険料免除期間の合計が
10年以上である場合、65歳から受け取れます。

このとき、それまで支払った額に応じて受給額が
決定するため、年金の未納期間がある人は
その分受け取れる年金も少なくなってしまうのです。

障害年金が受け取れない可能性がある

年金には、65歳から受け取れる基礎年金のほかに
病気やケガで働けなくなったときに受け取れる
「障害基礎年金」があります。

これは、年金加入期間の2/3以上の
年金保険料の納付または免除
もしくは、1年間保険料の未納がないこと
といった条件があります。
(ただし、20歳前の年金制度に加入していない
 期間に初診日がある場合は納付要件はありません)

つまり、年金保険料を払わない未納の状態でいると
もしも病気やケガで働けなくなった時に
障害基礎年金を受け取れない可能性があるのです。

病気やケガはいつ起こるか分かりません。

年金保険料を払っておけば良かったと
後悔することがないようにしたいものです。

最終的には財産の差し押さえも・・・

年金保険料の未納率が高まると、世代みんなで
支えようという年金の仕組みが破綻する恐れもあります。

そのため、日本年金機構は平成26年度から
強制徴収の取り組みを強化し始めました。

年金保険料を払っていない未納状態だと
督促状が送付され、それでも支払わなければ
最終的には財産の差し押さえがされます。

平成29年度の財産差し押さえは、なんと
1万4,344件もありました。

未納の年金を支払うには?

国民年金保険料は、納付期限から2年以内で
あれば支払うことができます。

納付書が手元にある場合は、その納付書で支払います。

手元にない場合は、お住まいの近くの
年金事務所に問い合わせをしましょう。

納付期限から2年を過ぎると、時効となり
支払うことができなくなってしまいます。

年金の免除・猶予申請とは?

収入が少なく年金保険料が払えない場合は
年金保険料の免除、年金保険料の納付猶予制度
を活用しましょう。

免除や猶予には本人からの申請が必要です。

年金保険料の免除や納付猶予が承認された期間は
年金の受給資格期間に算入されます。

病気やケガで働けなくなったとき、免除や納付猶予を
受けていれば、障害年金を受け取れます。

しかし、年金未納では、受け取れません。

納付猶予では年金額への反映がありませんが
免除は年金額への反映もあります。

例えば、全額免除になると、納める保険料は0円ですが
将来もらえる年金は全額納付したときの年金の
半額を受け取れることになります。

しかし、全額保険料を納付したときと比べると
受け取れる年金は少なくなりますので
長い老後のことを考えると、可能なら
年金保険料は全額支払いたいものです。

日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の
すべての人に、国民年金への加入が
法律で義務付けられています。

そのため、手続きなく年金保険料を納付しない
年金未納者は、厳しく追徴されてしまうのです。

経済的に年金保険料を支払うことができない人のためには
納付猶予や免除といった救済措置も用意されています。

納付が困難な場合は手続きをしないで黙って未納にせず
早めにお住まいの地域の役所の国民年金窓口や
年金事務所に相談に行きましょう。

さいごにひと言

人生100年時代といわれています。

65歳で仕事をリタイアしたとしても100歳までは35年もあります。

国民年金は、生きている限り受け取れる終身年金です。

年金は老後の収入の柱になりますから
それがないとあるとでは大違いですね。

長い老後生活を豊かで安心して過ごすために
国民年金がその一助を担っていることを
再認識しましょう。

ただ、国保の方は満額で月6万5千円しか貰えません。

社保(厚生年金)に加入する事で受給額は増やせます。

国保の方ももう社保に加入出来ます。

無料試算はこちらから

たった3つの情報ですぐに試算できます。

個人事業主の方は厚生年金に加入出来ない
と思いこんでる方が多いですが
国保の方ももう社保に加入出来ます。

当社は弁護士と会計士と仕組作りました。

しかも・・
今の国保負担額より安く加入出来るかもしれません。

無料試算依頼フォームへ

加入者の声はこちら

コメント