個人事業主・フリーランスさんに朗報!もう社保(厚生年金)に加入できます。
無料試算はこちら

障害年金や遺族年金もある公的年金制度

障害年金や遺族年金もある公的年金制度

公的年金は「老齢年金」だけじゃない!

「公的年金」と聞くと、なんとなく高齢になったときに受け取るイメージがあるのではないでしょうか?

今日は「公的年金制度」について簡単にお話します。

知っていて損はない情報ですのでご参考までに!

公的年金はこんな時にも受け取れます

公的年金制度には、次のようなものもあります。

(1)障害年金

重度の障害を負ってしまったときに受け取ることができる

(2) 遺族年金

一家の大黒柱が亡くなってしまったときに
残された遺族が受け取ることができる

高齢になった時だけでなく、重度の障害を負ったときや
一家の大黒柱が亡くなったときにも
受け取ることができるので知っておいて損はありません。

保険料納付の注意点

ただし、公的年金の給付を受けるためには
毎月の保険料を納付しておく必要があります。

もし、経済的な理由で国民年金保険料を納めることが
難しい場合には、所定の手続きを行えば
保険料の納付免除や猶予制度を利用することが
できるので確認してみましょう。

もし、毎月の保険料を納めず保険料の納付免除や
猶予制度も利用しなかった場合には
保険料未納となってしまい
重度の障害を負ったときや年を取ったときに
年金を全く受け取れなくなるおそれがありますので要注意です!

障害年金や遺族年金もある公的年金制度は
大切な制度です。

自分には関係ないこと、まだ先のことと思わず
正しい知識を身につけておきましょう。

国保の方ももう社保に加入出来ます。

無料試算はこちらから

たった3つの情報ですぐに試算できます。

個人事業主の方は厚生年金に加入出来ない
と思いこんでる方が多いですが
国保の方ももう社保に加入出来ます。

当社は弁護士と会計士と仕組作りました。

しかも・・
今の国保負担額より安く加入出来るかもしれません。

無料試算依頼フォームへ

年金制度
スポンサーリンク
フォローする
個人事業主・フリーランスの社会保険(厚生年金)加入の話

コメント