個人事業主・フリーランスさんに朗報!もう社保(厚生年金)に加入できます。
無料試算はこちら

年金繰り下げ後の死亡|貰える年金と手続きについて

年金繰り下げ後の死亡|貰える年金と手続きについて

「未支給年金」「遺族年金」「寡婦年金」

いきなり何ですが、上記ご存知ですか?

通常65才から受給できる年金。

受給を60才からに繰り上げると30%減額され、逆に70才まで繰り下げると42%増額されるという制度があります。

何才から受給開始するかで頭を悩ます人は多いですね。

そこで、今日は年金の繰り下げ後、受給前に亡くなってしまった際の年金はどうしたら良いかというお話をします。

未支給年金

繰り下げた方が圧倒的にお得である半面
受給開始できる年齢が遅いため
年金をほとんど受け取れないまま
寿命を迎えることになる可能性もあるのです。

だが、一度「繰り下げ」を選択した後でも
その選択を「なかったこと」にできることは
あまり知られていない。

受給前に他界しても、受け取っていたはずの
年金を請求すれば、国民年金と厚生年金を合わせて
「未支給年金」として一括で受け取ることが
できます。

「未支給年金」後払いのシステムであるため
2か月分が偶数月の15日にまとめて支給される。

たとえば、2月分と3月分の年金は
4月15日に支払われるという具合だ。

故人が亡くなった日(毎月1日を除く)の
その月の分まで受給できるため
仮に4月2日に亡くなったとしても
4月分が満額支給されます。

受け取れる人は、配偶者、子、父母、孫、
祖父母、兄弟姉妹、三等親以内の親族と
順番が定められており、自分より
先の順位者がいる場合は請求できません。

故人の死後5年以内に年金機構に
『未支給年金請求書』
として請求します。

何もしなければもらえないままなので
必ず申請しましょう。

遺族年金と寡婦年金

他にも、忘れてはいけないのが「遺族年金」

国民・厚生年金の被保険者が亡くなった際
条件を満たした遺族が受け取れる年金で
「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」があります。

遺族基礎年金は、夫(被保険者)の死亡時に
18才未満の子、または障害のある20才未満
の子がいる場合に受け取れ
遺族厚生年金は子がいない場合でも受け取れます。

遺族年金の対象者以外でも
国民年金に加入していた自営業などの
第1号被保険者が未受給のまま亡くなった場合
妻に対して60~64才の間支給される「寡婦年金」
寡婦年金請求書を提出すれば
年間約58万円を5年間受け取れます。

これらの年金を受け取るには
故人の死後『年金受給権者死亡届』を
提出しておく必要があります。

  • 国民年金の場合は死後14日以内
  • 厚生年金の場合は死後10日以内

の提出が必要です。

この手続きをしないと
死後も年金を受給し続ける違法な状態となり
発覚すれば詐欺罪に問われたり
年金機構から突然不正受給をした額の
返還請求がくることもあります。

肉親の死に動揺しない人はおらず
そうした精神状態でさまざまな判断を
下せば間違いも起きやすいです。

当社仕組に加入した方のみ、生涯ご家族の為に
アドバイスと通知をさせて頂きます。

国保の方ももう社保に加入出来ます。

無料試算はこちらから

たった3つの情報ですぐに試算できます。

個人事業主の方は厚生年金に加入出来ない
と思いこんでる方が多いですが
国保の方ももう社保に加入出来ます。

当社は弁護士と会計士と仕組作りました。

しかも・・
今の国保負担額より安く加入出来るかもしれません。

無料試算依頼フォームへ

遺族年金
スポンサーリンク
フォローする
個人事業主・フリーランスの社会保険(厚生年金)加入の話

コメント