個人事業主・フリーランスさんに朗報!もう社保(厚生年金)に加入できます。
無料試算はこちら

賢い夫婦は知っている|年金を多くもらう方法

賢い夫婦の年金を多くもらう方法

妻が年下?同い年?年上?
最適な年金の貰い方とは?

若い頃から共稼ぎの夫婦の場合、2人とも厚生年金を受給できる。

年金額も夫婦合わせると30万円前後が見込まれ、退職金もダブルインカム。

こんな夫婦は老後の生活設計も比較的余裕がある。

それだけに夫より平均寿命が長い「働く妻」の年金をいつ受給するかの
タイミングが重要になるが、その選択の時期は夫婦の年齢差によって変わる。

年金を多くもらう方法の事例

それぞれの夫婦で比較してみよう。

  • 「妻が5歳年下」のAさん
  • 「妻と同級生」のBさん
  • 「5歳年上の姉さん女房」を持つCさん

一番早く判断の時期を迎えるのはCさん。

本人が60歳の定年を迎える時期に
妻はちょうど65歳で年金受給開始年齢に達する。

夫が60歳なら十分現役ですよね。

まだまだ働けますから、妻の年金を
70歳まで待つ繰り下げ受給を選択することを勧めます。

そうすれば夫が65歳で年金をもらうと同時に
妻は42%増の割増し年金を受給できる。

そうなれば、夫も完全リタイアできる。

夫婦の年金を考えると“年上妻”は最強かもですね。

年下妻のAさん夫妻は逆パターン。

妻の定年と夫の年金受給が同時になる。

妻にはあと5年、再雇用で仕事をしてもらい
その間、夫の年金も我慢して割り増しされる
70歳まで繰り下げるのが理想的だ。

とはいえ、再雇用になると妻が働いても給料は減る。
それだけで2人が食べていくのは難しい。

そこで、夫の年金のうち、厚生年金の報酬比例部分
(10万円前後)だけ受給する。

基礎年金は、70歳まで繰り下げて割り増しの恩恵を
受けるのが無理のない年金アップになります。

また、加給年金を申請すると年間約22万を
奥さんが65歳になるまで受給可能になります。

ともに、今年60歳の定年を迎える「同級生夫婦」のBさんの場合

65歳以前に「得する年金」(特別支給の部分年金)を
もらえる世代だが、実は、特別支給は同じ年に生まれても
男女で支給開始年齢が違う。

Bさんの支給開始は63歳、妻は61歳からもらえる。

それに伴って、2人の働き方を変えることができる。

来年から特別支給が始まる妻がバンバン働くと
せっかくの年金が大幅に減額されてしまう。

だから、妻は週2~3日のパートタイム就労で月収を
年金カットされない18万円くらいに抑え
65歳まで働く。

一方、Bさんは特別支給が始まるまでの3年間は
フルタイムで稼ぎ、その後は年金減額されないように
のんびり働くのが理想ですね。

高齢者の年金には、数多くの不可解な減額の仕組みや
重税の罠が仕込まれている。

怒っても、嘆いても奪われた年金は戻ってこない。

どうすれば奪われずに得するか。

それは「働かせる側」の要求ではなく
「働く側」の判断に懸かっていると思います。

特に個人事業主・フリーランスさんは基礎年金しかないし
加給年金、傷病手当金等は一切ありません。

増やすと言っても厚生年金・健康保険に加入するしか手段がありません。

ただ、個人事業主・フリーランスさんは
独自で厚生年金・健康保険に加入することは出来ないんです。

が、当社が仕組みを構築し
厚生年金・健康保険に加入出来きます。

国保の方ももう社保に加入出来るんです。

無料試算はこちらから

たった3つの情報ですぐに試算できます。

個人事業主の方は厚生年金に加入出来ない
と思いこんでる方が多いですが
国保の方ももう社保に加入出来ます。

当社は弁護士と会計士と仕組作りました。

しかも・・
今の国保負担額より安く加入出来るかもしれません。

無料試算依頼フォームへ

ブログランキングに参加していますので是非、応援してください(^-^)

にほんブログ村 経営ブログへ
年金制度
スポンサーリンク
フォローする
個人事業主・フリーランスの社会保険(厚生年金)加入の話

コメント