個人事業主・フリーランスさんに朗報!もう社保(厚生年金)に加入できます。
無料試算はこちら

【実例】高齢者の貸付制度|年金を担保にお金を借りる方法と生活福祉資金貸付制度

【実例】高齢者の貸付制度|年金を担保にお金を借りる方法と生活福祉資金貸付制度 

高齢者はお金を借りられない・・・

多くの人がそう誤解しているかもしれない。

定年後に不意の出費が必要になった時、どんな融資が利用できるのだろうか。

今回は、高齢者夫婦の実例を上がて解説していきます。

福祉医療機構の年金担保貸付

男性Aさんが68歳の時、妻が脳梗塞で倒れて緊急入院。

退院まで2か月ほどかかる。

手術代や入院費など医療費の窓口負担が約60万円。

付き添いの費用などを合わせると100万円ほどを
至急、用意しなければならない。

そんな時に頼れるのが、福祉医療機構の公的な
年金担保貸付です。

年金担保貸付は、いわば年金の“前借り”制度。

Aさんの年金は15万円だから、融資限度額は
年間支給額の8割となり、144万円まで借りることができる。

返済は原則15回分割(2年6か月)で年金から徴収されます。

少ない年金から返済するのだから借入額は
できるだけ減らしたい。

入院費は一見高く見えても、高額医療費制度で
補填されるから負担額は月に3万~4万円。

食費などの実費を合わせても月7万~8万円でしょう。

病院に相談すれば分割払いを認めてくれるケースもある。

いくらかかるかを冷静に計算し、必要以上の借り入れはやめましょう。

社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度

さて、妻は退院したが車椅子生活。

自宅をバリアフリーにするには最小限の
リフォームでも200万円かかる。

この場合は、銀行のリフォームローンの他に
社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度が
活用できます。

65歳以上の高齢者の介護に必要なリフォームなら
融資額は250万円までで、収入基準も2人世帯なら
月収約40万円以内と厳しくありません。

返済は7年、連帯保証人がいれば無利子
いない場合も金利は1.5%と低いです。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の
リフォーム融資も79歳まで利用可能だ。

融資限度額も1000万円と高く、返済が難しい場合は
金利(0.75%)だけを支払い、死後に相続人が自宅を売却して
一括返済する「高齢者向け返済特例」の制度があります。

国民のための有り難い制度

これでも、年金は貰えないからと支払い拒否しますか?

こんなにも国民の事を考えて作られてるのに
マスコミや社会保障を良く知らない人達の
「年金は貰えない」を信じますか?

個人事業主・フリーランスさんは
特に、年金受給額が少ないのですから
増やす方法の一つとして社保に加入しましょう!!

国保の方ももう社保に加入出来ます。

無料試算はこちらから

たった3つの情報ですぐに試算できます。

個人事業主の方は厚生年金に加入出来ない
と思いこんでる方が多いですが
国保の方ももう社保に加入出来ます。

当社は弁護士と会計士と仕組作りました。

しかも・・
今の国保負担額より安く加入出来るかもしれません。

無料試算依頼フォームへ

コメント