個人事業主・フリーランスさんに朗報!もう社保(厚生年金)に加入できます。
無料試算はこちら

年金は貰えなくなると思っている人へ

「年金は貰えなくなる」と思っている人へ

最近話題の2,000万問題・・・

年金破綻とか貰えないとか混同してヘンテコな報道になってますが
貰えない事はあり得ません。

基礎年金の半分は税金です

何故なら基礎年金の半分は税金が投入されてるからです。

Q:え?今、60歳まで負担してるお金だけで
  払われてるのではないの??
A:はい。全く違います。

ただし・・・

今後負担額が増えて、受給額が減る可能性もあります。

ただ、2019年度の受給額は0.1%UPになりました。

また、年金だけは物価スライドなんです。

もし、インフレになり今の1万円が半分の
価値しかなくなったら受給額が上がります。

一般の貯蓄型保険や国民年金基金等に
その考え方はありません。

それだけ年金はきちんと考えられてる社会保障制度なのです。

国保と社保。貰える差額は?

もちろん、国保と社保の人では貰える年金額は違います。

国保の人は受給額が満額で今の所

約6万5千円/1名

これで生活出来ますか?

社保(厚生年金・健康保険)は平均14万と言われてます。

もし扶養者がいる場合の1家庭の全額は

  • 国保:6万5千を2名分=13万円
  • 社保:18万と奥様分6万5千円=20万5千円

その差7万5千円・・・

年間で90万円も差が出ます。

これなら何とか生活出来そうですよね。

社保(厚生年金・健康保険)の会社員や
公務員の方が良い待遇です。

でも、個人事業主・フリーランスさんは
国保しか基本的に加入出来ませんよね・・・??
残念・・・??

無料試算はこちらから

そんな事はありませんよ(^-^)

国保の方ももう社保に加入出来ます。

当社は弁護士と会計士と仕組作りました。

今の国保負担額より安く加入出来るかもしれません。

無料試算依頼フォームへ

ブログランキングに参加していますので是非、応援してください(^-^)

にほんブログ村 経営ブログへ
年金制度
スポンサーリンク
フォローする
個人事業主・フリーランスの社会保険(厚生年金)加入の話

コメント