個人事業主・フリーランスさんに朗報!もう社保(厚生年金)に加入できます。
無料試算はこちら

障害年金とは?|受給額・条件・申請方法

障害年金とは?|受給額・条件・申請方法

年金と聞いて、自分に関係あるのは老後にもらう「老齢年金」だけと考える人は少なくないでしょう。

実は、ケガや病気をした際にもらえる「障害年金」も、ぜひ知っておきたい年金制度のひとつです。

今日は意外と知られていない障害年金の制度についてご説明します。

障害年金とは?

障害年金とは、ケガや病気が原因で生活に
支障が出た場合に受けられる公的年金です。

老齢年金とは違って、65歳未満の人が受給対象となります。

障害基礎年金の場合は

  • 1級認定月額約8万1,000円
  • 2級認定月額約6万5,000円

が支給されます。

厚生年金に加入している場合などは

3級から支給され、平均で各等級の約倍支給されます。

なお、初診日において20歳未満で年金制度に
加入していない人も対象です。

20歳以上の場合は、国民年金、厚生年金保険、共済年金の
いずれかに加入していて、年金の納付要件を
満たしていれば受給できます。

障害年金の受給対象となるのはどんな場合?

障害年金というと、重度の身体障害で寝たきりに
なったときなどにもらうものだと思われがちですが
実際は、日常生活や仕事が困難だと判断されれば
ほとんどのケガや病気が対象となります。

たとえば、ガンや糖尿病といった病気や
うつ病、躁うつ病などの精神疾患も受給対象です。

そのほかにマイナーなものでは
化学物質が原因で体調不良に陥る化学物質過敏症や
線維筋痛症なども対象として挙げられます。

障害年金を受給するには?

障害年金を受給する必要を感じて受給申請をする場合
まずは、原因となる疾病の初診日を調べることが必要です。

初診日の時点で、国民年金保険料の
納付期間(免除期間含む)が年金加入期間の
3分の2以上あるか、直近1年間に支払いの
滞納期間がなければ受給申請ができます。

医療機関で指定の診断書を作成してもらったら
「病歴・就労状況等申立書」を自分で作成しましょう。

年金請求書や年金手帳など、そのほかの必要書類と
あわせて窓口に提出して、法で定められた
障害等級に該当すると判断されれば
年金の支給を受けられることになります。

障害年金は意外と身近な制度

障害年金は、障害者手帳の有無や病気の種類に関係なく
状況に応じて受給可能なので
思った以上に身近な制度と言えます。

たとえ今は大丈夫でも、いざというときのために
障害年金についての理解も深めておいて下さいね。

また、国保の方も厚生年金に加入する事で
等級も3級からになり金額も増えます。

国保の方も合法的に社保加入が出来ます。

無料試算はこちらから

たった3つの情報ですぐに試算できます。

個人事業主の方は厚生年金に加入出来ない
と思いこんでる方が多いですが
国保の方ももう社保に加入出来ます。

当社は弁護士と会計士と仕組作りました。

しかも・・
今の国保負担額より安く加入出来るかもしれません。

無料試算依頼フォームへ

加入者の声はこちら

コメント