個人事業主・フリーランスさんに朗報!もう社保(厚生年金)に加入できます。
無料試算はこちら

終身雇用の崩壊

終身雇用の崩壊

今年5月、業界最大手のトヨタ自動車の豊田章男会長は

「今の日本には雇用を続けている企業へのインセンティブがあまりない。
終身雇用を守るのは難しい局面に入ってきた」

と発言。

さらに、経団連会長で日立製作所の中西宏明氏も

「(終身雇用は)制度疲労を起こしている。終身雇用を前提にすることが限界になっている」

と語った。

そのほか、経済同友会の桜田健吾代表幹事も

「終身雇用はもたない」

との発言を残すなど、経済界のトップたちの終身雇用への決別宣言が
相次いでいます。

終身雇用と高年齢者雇用安定法

中高年サラリーマンそして、足並みを揃えるかのように
5月15日に安倍政権が発表した「高年齢者雇用安定法」では

「希望する人は70歳まで働けるように雇用を確保することが企業義務」

との方針を発表。

加えて、来年には年金受給開始年齢の上限を
現行の70歳から75歳へと引き上げるプランを検討中です。

国からは「65歳以降も働け」と詰められるが
その一方で企業からは「定年まで雇うのは無理」と冷たく拒絶される。

本当にフリーランスで良いの?

企業が勧めてるフリーランス化は今後も
加速しそうですが、本当にフリーランスで良いのでしょうか?

仕事があれば、自由度も高く、高収入のチャンスはありますが
会社員と決定的な違いは認識してますか?

一番は様々な保障が薄くなる事です。

フリーランス、個人事業主の方は
国民年金・国民健康保険に加入ですね。

会社員時代にあった傷病手当金や
25年以上加入で社保加入が終了しても
遺族厚生年金の対象になる事や
加給年金他数多くの社会保障を失います。

これはケガや病気等、まだ若い時にあまり
発生しない事の保障が多く、40代以降高まる
リスクの時期にこの手厚い保障を失う事になります。

会社に踊らされてフリーランスになるか?

フリーランスになっても当社仕組みで社保に
合法的に加入し続けるか?

国保の方ももう社保に加入出来ます。

無料試算はこちらから

たった3つの情報ですぐに試算できます。

個人事業主の方は厚生年金に加入出来ない
と思いこんでる方が多いですが
国保の方ももう社保に加入出来ます。

当社は弁護士と会計士と仕組作りました。

しかも・・
今の国保負担額より安く加入出来るかもしれません。

無料試算依頼フォームへ

ブログランキングに参加していますので是非、応援してください(^-^)

にほんブログ村 経営ブログへ
終身雇用
スポンサーリンク
フォローする
個人事業主・フリーランスの社会保険(厚生年金)加入の話

コメント